パピートレーニングから
    成犬の問題行動カウンセリングまで
 
犬には夏の暑さはとても危険です。気づかないうちに熱中症になり、命を落としてしまうこともあります。
悲しいことに毎夏、熱中症で亡くなるワンちゃんがたくさんいます・・・。
きちんと暑さ対策をしてあげれば熱中症は防げます。
ここでは、熱中症の予防対策や応急処置について紹介します。
※最近の研究では、気温22℃、湿度60%を超えると犬は熱中症になる可能性が高くなると言われています。

 温度よりも湿度に注意! 人間は汗をかくことによって体内の温度を下げますが、犬は足の裏の肉球など僅かな汗腺しかないため口でハァハァと息をすることによって体内の温度を下げます。
そのため湿度が高いと、いくらハァハァと息をしても体内の温度が下がりません。
犬の平熱は約38℃〜39℃くらいですが、
体温が41℃以上になると死亡する可能性もあります。

日陰や家の中であっても風通しが悪いと湿度が高いため、熱中症になる危険性があります。
熱中症を防ぐためには、気温だけでなく湿度も気にしてあげましょう。
蒸し暑い日はエアコンの温度設定を思いっきり下げるよりも、ドライ設定で湿度を下げる方が効果があります。犬が快適に過ごせる環境は、だいたい室温23℃〜25℃で湿度50%です。

※クーラーを効かせすぎると関節炎を引き起こしてしまったり、体調を崩してしまったりするのであまり強くかけないようにしましょう。
↑ページTOPへ
 家の中での暑さ対策 真夏の閉めきった室内は、想像以上に暑くなります。いくら直接日光が当たらないとは言え、部屋の中でも換気が悪かったり、カーテンを閉めなかったりすると熱中症になる危険性はあります。

家の中で熱中症を防ぐためには・・・
●換気を良くする。
●日の当たる窓は、カーテンを閉める。
●水を常に置いておく。
●市販のクールマットなどを置いてあげる。
 ※犬の体温を下げるには、直接体を冷やすことが一番効果的です。
●部屋の湿度を60%以下にする。
 ※老犬や病気の犬がいる場合は、部屋の状態を室温23℃〜25℃で湿度50%に
  近づけると、犬の体への負担が軽くなります。
留守番をさせる時は、エアコンをつけて出かける。
 ※特に長時間留守番させる時は気温がどれくらい上がるか予想がつかないので、
  必ずエアコンをかけて出かけましょう。
↑ページTOPへ
 外での暑さ対策 犬を外で飼っている場合、日中はかなり気温が高くなります。特に、南側で日陰がなく、土もないような場所では、確実に熱中症、熱射病になってしまいます。
そのような場所で飼っているのであれば、夏だけ違う場所に移動してあげましょう。

外で熱中症を防ぐためには・・・
直射日光の当たる場所にはつないでおかない。
●風通しのよい日陰に犬がいられるようにする。
●コンクリートよりも土のある場所にいられるようにする。
●水をまいてあげる。
●常に新鮮な水を置いておく。

※北海道や東北地方など涼しい地方以外では、夏は出来るだけ室内(玄関等)に移動してあげましょう。
↑ページTOPへ
 出かける時の注意事項 夏の暑い日は安易に犬を連れて出かけないようにしましょう。
犬は人間よりも体高が低いので、私たちよりもアスファルトの熱の影響を受けてしまいます。犬を連れて出かける時は、十分注意してください。

犬を外に連れて出かける時に気をつけることは・・・
●地面のアスファルトを触って、熱くないかをチェックする。
●日中は散歩に行かない。(散歩は早朝か夕方に行き、出来るだけ日陰を歩く)
●海など日陰のない場所には、連れて行かない。
 ※海水浴などに犬を連れて行くことがあると思いますが、浜辺は日陰がなく
  砂浜は非常に熱いので、熱中症になる危険性が高いです。
ちょっとの時間でも、車の中に置いて出ない!

出かける際の暑さ対策は・・・
保冷剤アイスノンを犬の首に巻いてあげる。
●小型犬でキャリーバッグに入れて移動する場合は、
保冷剤アイスノン
 タオルにくるみ、キャリーバッグの底に敷いてあげる。
●毛色が黒い犬などは、白いTシャツを濡らして着せてあげる。
↑ページTOPへ
 熱中症にかかりやすい犬 熱中症には、かかりやすい犬種やタイプがあります。

熱中症にかかりやすい犬は・・・
●鼻の短い短吻種 (シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボクサーetc.)
●北方生まれの犬種 (シベリアン・ハスキー、ボルゾイ、サモエドetc.)
●被毛が厚い犬種 (シェットランド・シープドッグ、グレート・ピレニーズect.)
●肥満気味の犬・・・脂肪によって体温が下がりにくい。
●老齢犬・・・環境や気温の変化に適応しにくい。
●体調が弱っている犬・・・暑さの影響を受けやすい。
●毛色が黒い犬・・・太陽の熱を吸収しやすい。
↑ページTOPへ
 熱中症になってしまったら 熱中症は、命に関わる怖い病気です。素早い応急処置が重要になります。

熱中症の症状・・・
●ハァハァと呼吸が浅く速くなる。→熱中症の初期症状
●ぐったりして元気がなくなる。→要注意の状態
●目が充血したり、口の粘膜が鮮紅色になる。→要注意の状態
●呼吸が速く、粘り気のあるよだれを流している。→
すぐ病院へ
●体温が41℃以上になる。→
すぐ病院へ
●痙攣や発作を起こす。→
すぐ病院へ

熱中症の応急処置・・・
●外であれば、まず涼しい場所に連れて行く。
●首もと、脇の下、後肢のつけねに水道水をかけるか保冷剤を当て、とにかく
 体温を下げる。
 ※
氷水など冷たすぎる水はかけない。
●少しずつ水を飲ませる。

少しでも熱中症の疑いがあれば、応急処置をして必ず病院に連れて行ってください。
↑ページTOPへ
夏の時期、熱中症に次いで多いトラブルは肉球の火傷です。
飼い主さんは外に出る際靴を履いてしまうため気づかないことが多いのですが、都会では気温が30℃以上の日はアスファルトが80℃近くになっていることもあります。
そのため、気づかず外を歩かせてしまうと肉球(足の裏)を火傷してしまいます。

夏に散歩などで外に出るときは、
必ず自分自身の手のひらでアスファルトを触るようにしてください。
そうすればアスファルトがどの程度熱いのか分かります。
もしちょっと触れただけでも「アチッ!」となるようなら、決して外を歩かせないでください。

肉球の火傷は、飼い主さんが気づけば100%防げます。
愛犬が足の裏を火傷しないように気をつけてあげてください。
↑ページTOPへ
ここ数年、ゲリラ豪雨など急激な天候の変化によって雷の発生が増えています。
それに伴い落雷による停電も増えています。
停電が起きてしまうとエアコンなどの電気製品の電源も切れてしまいます。
一度停電によって電源が落ちてしまうと、電気が復旧してもエアコンの電源は戻りません!
そのため長時間の留守番をさせている場合、熱中症になり死に至ってしまうことがあります。

真夏に長時間留守番をさせる場合は、万が一停電があった場合ご近所の方に連絡をもらうようにしたりマンションであれば管理人の方に連絡をもらう、もしくはエアコンの電源を入れ直してもらうなど緊急事態に予め備えるようにしてください。

 

犬は言葉を話せませんので「暑くてつらい・・・」「足の裏が熱いよ・・・」というように、
あなたにしゃべりかけることはできません。
飼い主さんが上記の点を注意して熱中症や肉球の火傷から愛犬を守ってください!!
↑ページTOPへ

Home    新着情報    Dog Signal について    トレーニングシステム    料金 
 
プロフィール    おすすめ    問題行動を防ぐためには    リンク    お問合せ
 
copyright©2005 Dog Signal All rights reserved