ドッグシグナル

訪問トレーニング・カウンセリング【問題行動の解決は飼主の意識改革から】

訪問トレーニング・カウンセリング【問題行動の解決は飼主の意識改革から】

メールでのお問合せ 電話でのお問合せ
トレーニングシステム

トレーニングシステム

犬の行動学・心理学に基づくカウンセリングとトレーニングを行っています。
チョークチェーンを使ったり、叩いたりなどする訓練はしていません。Dog Signal では、愛犬の問題行動はイヌ自体に問題があるのではなく、飼い方に問題があると考えているので、飼主さんに正しい飼い方・しつけ方をお教えしています。

お申込み方法

お問合せフォームからお申込みをしていただきます。
折り返しご連絡いたしますので、その際にお伺いする日程や詳細をお知らせいたします。

お問い合わせ

セッションの進め方

ご自宅に伺い、1セッション2時間のカウンセリングとトレーニングを2週間おきに3セッション行います。犬の年齢や問題の状況にもよりますが、基本的に3セッションで終了いたします。飼い主様のご希望により、追加セッションも承ります。

※1セッションのみのご依頼も可能です。

※パピートレーニング(=子犬のしつけ)でも、吠える・噛むなどの成犬の問題行動矯正でも、基本的にセッションの流れは同じです。

※最近ペット可の集合住宅が増えていることもあり、マンションなどでのグループセッションやパピークラス、しつけ講座なども行っています。ご希望がある場合は、お気軽におたずねください。

基本セッションの内容

【1セッション】

まず家の中でのセッションを中心に行います。飼い主さんからお話を聞き、問題行動の原因を診断します。診断を基に、カウンセリングプログラムと基本的なトレーニングプログラムを組み立て、飼い主さんにそのプログラムを2週間実施していただきます。

【2セッション】

1セッションでのプログラムの成果を確認後、お散歩のセッションを行います。そして次のプログラムを組み立て、さらに2週間実施していただきます。

【3セッション】

1セッション、2セッションの成果をチェックし、問題行動が改善されたかどうかを確認します。 そして最終プログラムを実施します。

3セッション以降、復習etc.ご希望の場合は追加セッションを承ります。
※追加で行うセッションの数は、お客様のご希望に応じて承ります。

1セッション、2セッションの成果をチェックし、問題行動が改善されたかどうかを確認します。 そして最終プログラムを実施します。

お問い合わせ
トップへ戻る